murak.net

アクセス解析・Googleアナリティクス・ネット戦略・SEO・Webプログラミングなどを綴るブログ

SEOに効果的なWordPressのパーマリンク設定

| 1件のコメント

WordPressは、投稿のURL(パーマリンク)を分かりやすいURLにできます。そこで、SEOに効果的なパーマリンクの付け方を紹介します。
まず、SEOに効果的なパーマリンクにするには、基本的に次のようにするのがいいです。

  • 一度設定したらURLを変えない
  • URLを極端に長くしない
  • 意味のあるまとまりでディレクトリ分けする

でも、パーマリンクを設定しないデフォルトの形式でもSEOに悪くはありません。サーバがmod_rewriteに対応していない、またはデフォルトのまま長くサイトを運営してしまっている、という方は、気にせずそのままのパーマリンクで大丈夫です。

実用的なパーマリンク設定

SEOとメンテナンス性を両立できる実用的な設定です。

  • 数字ベース /archives/123
  • /post/%post_id%
  • /p/%post_id%
  • /%post_id%

数字ベースのURLです。下に行くほど段々短くなります。投稿のときにスラッグやカテゴリを気にする必要がなく、投稿タイトル、カテゴリ、日付が変わってもURLが変わらないので安心です。

数字の部分を投稿名 %postname% に変えるとSEOにより効果的ですが、URLが長くなり、タイトルを変えるとURLが変わってしまうので、投稿の度にスラッグをつける必要があり、手間がかかってしまいます。

SEO重視のパーマリンク設定

  • /post/%category%/%post_id%
  • /p/%category%/%post_id%

カテゴリ名+数字のURLです。カテゴリ名を付けることで、投稿がディレクトリ分けされるのでSEOに効果的です。カテゴリが階層的になっていると、親カテゴリ名も付きます。
デメリットとして、カテゴリを変えるとURLが変わってしまうので注意が必要です。
/%category%/%post_id%  とすればURLがより短くできますが、ページスラッグとの区別のためWordPressのパフォーマンスが悪くなるので非推奨となっています。

日付ベース

毎日大量に投稿がある、日付に意味があるという場合は、日付ベースのパーマリンクがいいでしょう。

参考サイト

パーマリンクの使い方 – WordPress Codex 日本語版

関連しているかもしれない記事

LINEで送る

カテゴリー: SEO, WordPress |
Trackback URL: http://murak.net/post/seo/483/trackback

投稿者: 村上 和久

アクセス解析・Webコンサルティングのアナライズネット代表・Webアナリスト。Googleアナリティクスの導入とカスタマイズ、ウェブ分析、アクセス解析に関するセミナーなどを行っている。

1件のコメント

  1. なるほど! 参考) SEOに効果的なWordPressのパーマリンク設定 http://t.co/ONiWzlEN

コメントを残す

* は必須項目です


*